higablog.

現役体育会サッカー部higashiが常にフットワーク軽く挑戦し続ける「人生」を発信中!「自分独自の視点」を大切にオンリーワンの存在へ!

MENU

この世に鉛筆って何本あると思いますか??

こんにちは!

 

higashiです!

 

今回は突然ですがこの問題を投げかけます。

 

「この世に鉛筆は何本あるのか?」

 

というのも、

ある企業にお話を聞きに行った時に、

 

まずこのワークやってと言われ、その紙を見たらこの問題が書いてありました。

 

5,6分後に声かけるのでよろしくお願いしまーす。と。笑

 

到着して1分ぐらいです。

 

今回は、その時僕が回答した内容と、あとからまた考えてみて、こうだったのではないかなと考え直した内容の2種類を書いてみます。

 

みなさんも是非、自分の回答を考えてから読んでみてください!

 

では見ていきましょう!

 

 

1.その時の僕の回答(実際に提出したもの)

 

 突然こんな問題を出された僕は、結構ボーッとしてました。笑

 

朝だったし、いきなり過ぎて頭が完全スイッチオフでした。

 

でも数字で本数答えるやつじゃないなーってだけなんとなく思いました。

 

で、先に言います。僕が出した答えは、

 

 

「人口の数以上」

 

 

です。笑笑

 

この問題実は、A4サイズで、自由に記述していいよ方式なんですよ。

 

だから、そこに至るまでの考えを書きました。

 

 

思い出しながら書いてみます。

 

 

実際に店舗に置いてあるもの、在庫としてあるもの、

 

個人的に買って昔からずっと持っている潜在的なもの、

 

どこか施設に置いてあるもの、いろんな状態の鉛筆があります。

 

そもそも、小学生の時に鉛筆を使います。

 

それは1人1本ではありません。

 

ほとんどの人は小学生を経験します。

 

なので、人口の数以上と答えました。

 

こんな感じだったと思います。

 

 

我ながらつまらない回答ですねー。笑

 

多分正解を求める問題ではないと思いますが、今振り返っても本当につまらないです。

 

これいきなりパッと渡されて、5分以内というのも結構難しいですよね。

 

終わった後もけっこうずっとモヤモヤしていて、少し考えてみたのでこの記事を書きました。

 

次は、後から考えた自分の考えです。

 

2.後から考えた自分の回答

 

僕は、帰り道、もう1度この問題について考えてみました。

 

そこで考えたことは、「鉛筆」がなにかの比喩なのではないかなということです。

 

基本的な考えはさほど変わっていません。

 

僕は最初、ほぼ全員が1本以上持っているから「鉛筆は人口の数以上ある」と考えました。

 

そこで、この1人1人が1本持っているということに着目してみました。

 

僕は、鉛筆は人間に例えて考えました。

 

そして、鉛筆には色々な種類があります。

 

さまざまな色があります。

 

黒もあれば、赤、青、緑、黄色と、

 

無限の色があると思います。

 

僕は、その色を「人の個性」と考えました。

 

最終的な答えは、

 

「人の数ほど、個性の数だけ鉛筆はある」

 

です!

 

これが今の僕が出せる精一杯の答えです、、、

 

いろんな回答を見てみたい笑

 

3.さいごに

 

いかがでしたか?

 

今回は「この世に鉛筆は何本あるか」という問題について書いてみました。

 

この問題ってよくあるやつなのかな。

 

みなさんの色々な考えが知りたいです!

 

答えはない問題だけにパッと考えるのは難しかったです。

 

僕の頭のかたさが露呈してしまいました。笑

 

こういう問題にスマートにアイディア出せる人かっこいいですよね。笑

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

ではまた☺︎