higablog.

現役体育会サッカー部higashiが常にフットワーク軽く挑戦し続ける「人生」を発信中!「自分独自の視点」を大切にオンリーワンの存在へ!

MENU

大学生である価値ってなんですか?【大学生の「5つ」の特権】

こんにちは!

 

higashiです!

 

いま僕らは当たり前のように大学生として日々生活していますが、

その価値ってどこにあるんだろうと疑問を持ちました。

 

何のために大学生で在るのかという部分です。

そこに価値があるから大学生であろうとするわけです。

 

もしかして、大学生としての特権を活かせていないかもしれません。

 

それはとてももったいないですよね。

 

そこで、今回は、大学生の価値について考え、自分はなぜ大学生であり続けているのかを書いてみたいと思います。

 

ぜひ、大学生の方もそうでない方も読んでいってください〜

 

 

1.時間がある

 

やはり1番はこれです。

 

高校生の時のように、授業カリキュラムによって時間割が決まっているわけではありません。

 

自分で履修を組んで、時間割を作っていくので、自分の好きなように組めます。

 

そのぶん自分の時間が増えますよね。

 

その時間を使って、バイトをしたり、遊びに行ったり、勉強したりするわけです。

 

朝時間があったらずっと寝てたり。笑

 

すべて責任が自分にあるので何かに縛られてないとも言えます。

 

時間の使い方が、大学生活の密度を大きく左右すると考えられます。

 

逆に言えば、その時間を活かせば何でもできるんです!

 

時間を費やすことで得られる経験もあります。

 

それが自分の人生を変えるきっかけや、一生に一度の経験になるかもしれません。

 

中には大学生活を人生の夏休みと言う人もいますが。笑

僕の友達はそんなことないと怒ってました。笑

 

まあでも、そう言われるほど時間があるってことですね。

 

それをどう使っていくかはその人次第です。

 

勉強が忙しくてやりたいことができない。

時間がない。

というのは言い訳で、そこに時間を使うという選択をしているのは自分です。

 

時間はお金では買えません。

 

後から取り返そうと思っても戻って来ません。

 

時間という資産を最大限に活用していきたいですね!

 

2.選択の自由度が高い

 

これは少し「時間がある」に似ているかもしれません。

 

高校生はよく、子どもから大人に変化していく期間と言われますが、

 

大学生のうちに成人式があったりと一応、大人になります。

 

自立した1人の人間になるということです。

 

選択の責任は自分にあります。

 

何かあっても自分に返ってくるので、色々な選択の幅が広がります。

 

それはある意味、大学生という立場がセーフティネットとなって、リスクが低くなってると言えるし、

 

何事にも挑戦しやすい環境が揃っているのではないかなと思います。

 

非常に大きな特権です。

 

自分の限界を決めて、そこから先のリスクを取らないなんていう人生は僕は嫌です。

 

見える景色も見えて来ません。

 

選択の自由度があるぶん色々なことに挑戦していきたいです!

 

3.ノリでいろんな人に会える

 

これは最近自分が動き始めて1番実感していることです。

 

なんで今までしてこなかったんだろうって。

 

特に書類での手続きなんておこがましいものは必要なしに、日程が合えば私服で企業や社会人の人に会えます。

 

経営者や社長にも会えます。

 

これって間違いなく大学生の特権だと思うんです。

 

もっと貪欲に使っていくべきです。

 

こんなに軽いノリで話せることってあんまりないですよね。

 

確かに、移動コストはかかってしまうかもしれませんが、

それが何倍にもなって自分に還元されます。

 

人と話すことで自分のことが磨かれたり、

考えがまとまったりします。

 

あの人なんて雲の上の存在かと思っていても、DM1つでコロっと会えるかも?!笑

 

まあ自分で動いてみないとわからないですよねそれは。

 

自分は3年生でそれに気づいたのでちょっと悔しいです。

 

どんどん人に会いまくりましょう!!

 

4.若いのに、で評価される

 

世の中は常に変化して、いま30代、40代の人が大学生だったときと、いま僕たちが生きている時代の大学生は間違いなく別物です。

 

その人たちが、

「俺たちの時はそんなことしてなかったなぁ、

すごいなあ今どきの大学生は」

 

みたいな現象が起こるわけですね〜

 

SNSなんて特にそうです。

 

僕たちは今や、Twitter、LINE、Instagramを当たり前のように使いこなしていますが、

 

年代が上の方はそれが当たり前では無いのです。

 

ましてや、SNSを上手く利用してマーケティングやプログラミングなどをしていれば、

 

若いのに、そんなことをしてるなんてすごいなぁと「評価」に変わります。

 

セミナーや講演会など、イベントに積極的に参加しているだけでも、このような現象が起こる可能性はあります。

 

年代が上がって同じことをしていたらそれはコモディティ化されていてあまり評価されません。

 

それだけ、上に飛び込める余白があるというのも大学生の強みです。

 

若さは資産ですね。

 

そして、生きている間では、今この瞬間が1番若いんです。

 

いつまでも先延ばしにしてたら気づいたら歳をとってます。

 

5.学割が使える

 

これはこじつけのように見えるかもしれませんが、立派な特権だと思います。笑

 

それだけ、安くサービスを利用したり、モノを買えたりするので大きな権利です。

 

あと、最近、学割って集客にけっこう大きな影響を及ぼすものなのではないかなと考えてます。

 

大手ケータイキャリアのCMでも頻繁に聞きますよね。

 

パスモやスイカ定期も学割使うのと使わないのでは大きな差があると聞きます。

 

学割が使えるのは学生のうちだけです。

 

これはもう特権ですね!

 

6.さいごに

 

今日は大学生である価値って何かなーと思ってそれについて書いてみました。

 

でも、別に大学に進学することが正解でもなんでもないです。

 

ではなぜ、自分たちが大学に通っているのかというのを、特権という視点からアプローチしてみました。

 

社会的信頼というのも、大きいのではないかなと思います。

 

持っているものは最大限活用したいですね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

ではまた☺︎