higablog.

現役体育会サッカー部higashiが常にフットワーク軽く挑戦し続ける「人生」を発信中!「自分独自の視点」を大切にオンリーワンの存在へ!

MENU

【超絶おすすめ】絶対行くべき新宿のバー、Kisi Bar

こんにちは!

お酒大好きなhigashiです!

 

 

今日は新宿で本当におすすめのバーがあるので紹介したいと思います!

 

でも美味しいお酒やご飯が飲めるオシャレなバーとしてこのバーを紹介したいのではありません。

 

そう、ここは面白い人に必ず出会えるバーなんです!!

 

先日、実際に行った話も含めて書いていきますので、ぜひ最後までお付き合いください^_^

 

1.Bar 【Kisi】ってどんなとこ?

 

f:id:y-higashi0506:20180805204908j:plain

 

 

Kisi は2018年7月にオープンしたバーで、

新宿から10分ほど、西武新宿から2分ぐらいのところにあります!

 

ここのバーの特徴は、

毎日、バーテンさんを募集し、

日替わりバーテン制度があること!

 

これが、面白いんです!

毎回、全く違うジャンルの人がバーに立つので、それ界隈の人が集まります。

 

いくだけで社会勉強できちゃいます。

 

21歳の社長とか、区議会議員とか、不動産王とか、元AV女優とか、YouTuberとかとか、学生はもちろん、いろんな人が集まります。

 

こんなこと言ったら失礼かもしれませんが、

自分の価値観を壊して、広げるには、

 

いろんな人に会うにはコスパ良すぎるんですよね。

 

もう話のスケールが毎回違います。

いつも自分のショボさに萎えます笑

 

刺激が欲しい人や、とにかく行動を起こしてみたい人、

なんとなく毎日つまらない人には行ってみてほしい。

 

では次は実際に行った時の話!

 

2.プロ奢ラレヤーのバーに行った話

 

僕が初めてこのバーに行ったのは 、プロ奢ラレヤーがバーテンをすると聞いたからでした。

 

僕もいろいろと影響を受けていたし、実際にはどんな人なんだろうと気になったからです。

 

Twitterインフルエンサーということもあり、かなり店内は賑わっていましたが、

勇気を出して入ると、以外にも気さく?に話しかけてくれて

その空間に足を踏み入れました。

 

プロ奢ラレヤーという人は文字通り人に奢られながら生活している人なんですが、

ご飯だけでなく、なんと「家」まで奢られてるんだからすごい。笑

 

僕も最初は意味わからなかったです。

でも、理論は簡単で、

 

ある人には価値のあるものが、別の人には価値がないものがある。

 

ということなんです。

 

たとえば、

お金がすべてだと考え、常にお金のために行動する人と、

お金よりも大切なものがあると考え、そこに向かって努力する人、

 

これはあまりに極端すぎるかもしれませんが、

プロ奢ラレヤーの話に価値があり、それを自分が持つ家(=価値をもつもの)で交換するという

価値交換の一環に過ぎないということです。

 

実際この例えがあってるかはわかりませんが自分なりにこう解釈してみました。

 

 

これまで平凡に生きてきた僕には大きな衝撃を与えてくれた人でした。

 

プロ奢ラレヤーはTwitter、Voicy、Noteなどで発信活動をしていて、どれも刺激的で面白いです。

 

スイッチが入ったとき頭の回転の速さは、やっぱりすごい人なんだなと思うし、

発想力についていけないです。

それを生で感じられたのは自分にとって非常に大きいことでした。

 

このバーの良さはこういったいろいろな人に会えるだけでなく、

実際にその空間を共有することで、

Twitterの文面だけではわからない、生の思考や会話の中での頭の回転、スイッチの入り方が間近でわかるということです。

 

3.さいごに

 

まだまだ書きたいことはありますが、実際に1回行ってみることをおすすめします。

 

普通にお酒飲みに行くもよし、就活相談、悩み相談するもよし、

必ず新しい価値観に出会えます。

 

 

この言葉通り、今いる環境から抜け出せなければ、その環境レベルの発想しか生まれません。

 

そこを飛び出すからこそ、新たな価値観や発想に出会え、自分を成長させてくれるんだと思います。

 

1人で行くのが怖いという人、

僕もそうだったので友達を誘いました。笑

これからも足を運びたいと思っています。

 

ここ行きたいなって思ったらぜひ誘ってください!!

一緒に行きましょう!笑 

 

歌舞伎町のBar【Kisi】一日バーテン随時募集 (@KisiBar) | Twitter

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

ではまた☻